コンテンツ

コンテンツ

『ロゴタイプとロゴマークの違い』と『デザインのコツ』を徹底解説

「ロゴマーク」と「ロゴタイプ」。耳にしたことはあっても、それぞれの違いや特徴を正確に理解できている自身はありますか?ロゴマークは、実は和製英語であり、海外では通じません。日本では一般的にロゴマークという言葉が使われていますが、文字はロゴマークに含まれるのか、ロゴマークとは何を指すのかがわかりにくいこともあります。...
コンテンツ

大人気のロゴアニメーションとは!?<動くロゴマークのデザイン制作>

ロゴアニメーション(モーションロゴ)を取り入れる会社が増えてきている要因として、以下の3つの理由が考えられます。従来の静止画ロゴと比べ、ユーザーに強く印象を与えることができる高画質で耐久性の高いモニターが昔より安価になり、普及したから公共交通機関の広告、ビル広告など、街中の公共物に動画広告が普及したから『静止画の...
コンテンツ

<必須>採用動画活用のメリット・デメリット

昨今は企業が採用活動の中で採用動画を活用することは当たり前となってきていますが、「採用活動における様々な対策が取れる」点がその要因となっているようです。各社、より自社にマッチした人材を採用するために、ブランディングや他社と違った採用活動を行い、「いかにして求職者に自社を知ってもらうか」に力を注いでいます。...
コンテンツ

【注意】動画マーケティングのメリット・デメリット

昨今、「動画の時代」とも言われ、動画と生活者が接触する機会は増加。YouTubeをはじめとする動画プラットフォームやSNS上でも、日頃から数多くの動画広告を目にするようになっています。また、これまで動画は「視聴するもの」でしたが、最近では、TikTokのように短尺の動画を作成してその場でアップロードできるものや、...
コンテンツ

<YouTubeサムネイル画像>デザイン時のCheck Point!!

YouTuber(ユーチューバー)としてチャンネル登録者数や再生回数を稼ぐためには、クオリティの高い動画を作ってアップすれば大丈夫というわけではありません。「中身がよければ自然と再生回数が伸び、チャンネル登録者数も増える」そんな風に考えがちですが、質の良い動画を作るだけでは十分とは言えません。動画のクオリティーと...
コンテンツ

<いまさら聞けない!!>今流行りのVlogのメリットとは

Vlogとは「Video Blog」の略で、簡単に言ってしまえば、ブログの動画版です。ブログは自分の日常のことなどを文字と写真で表現しますが、Vlogは日常風景を動画で切り取り、コンテンツとしてアップロードします。文字と写真だけのブログと比べて、Vlogは動画と音が入るため、情報量が多く、観る人に臨場感を与えられ...
コンテンツ

YouTuberとして成功するための4つのポイント

小学生の『将来の夢ランキング』の上位に常にあるYouTuber(ユーチューバー)ですが、YouTuber(ユーチューバ―)として生活できる、もしくは生活の足しになる資金を稼ぐことが出来る程度の人たちは、その生活水準はギリギリのレベルも含めて世界でわずか3%と言われています。パット見、この確率は非常に低いようにも思...
コンテンツ

動画編集の<手順>と<注意ポイント>

「これからYouTubeを始めたいけど、動画の編集をやる自信がない・・・」「動画編集をやっているけど、時間がかかりすぎる・・・」という人も多いかと思います。実際に、「動画編集ってどうやるんですか?」や「編集速度を上げるために何か良い方法ないですか?」といった質問をいただくことが多いです。結論からお話しすると、動画...
コンテンツ

動画編集 / 制作には『音量調整』は必須!!

近頃はBGMやSE(効果音)が大きすぎる動画を見る機会がとても増えました。 音声はレベルに余裕がある状態で収録されるのに対し、BGMやSE(効果音)はMAXの音量ギリギリに作られることが多いので、デフォルトの音量でそれぞれのデータを使用すると、おのずとこのようなバランスになってしまうんですね。。。
コンテンツ

チラシ・フライヤー集客の効果は?<メリット><デメリット>

チラシ・フライヤーでの集客は特定のエリア内での集客に効果的な手段で、一般的な集客率は0.01〜0.3%が基本です。10,000枚配布した場合、1~30人程度から反応がとれれば合格点と言えるでしょう。これは全く関係性ができていない人に配った場合の反応率で、見込み客に配布した場合にはもう少し高い集客率となります。本記...