動画編集 / 制作には『音量調整』は必須!!

動画編集 / 制作には『音量調整』は必須!!

皆さんは動画編集 / 制作の際に音量に意識は配っていますか?

近頃はYouTubeを含めたSNSに、気軽に動画をアップロードでき、
その仕組みを副業として利用する人とともに、
動画をアップロードするYouTuber(ユーチューバー)さんや、
その動画の編集 / 制作をする動画クリエイターの数も爆増してきました。

動画の編集 / 制作をする上で『盲点』となりやすい【音量調整】の基本について
非常にシンプルにまとめてみましたので、
企業さんやYouTuber(ユーチューバー)さん、動画編集者さんに
参考にしていただけたら嬉しいです!

素材別音量

動画編集用のソフトは多数ありますが、どのソフトでもこのようなピークメーターは付いていると思います。

  • 音声 → -5dB程度
  • BGM → -24dB程度(MVなど音楽を聴かせたい時は-15dB程度)
  • SE(効果音) → -5dB付近程度

このくらいの音量に設定することで、大体Youtube標準のラウドネス(-14LUFS/LKFS)にすることができます。
マスターの音量が一瞬でも0dBを超えると音割れが起きてしまいますので、動画編集の際は0dBを超えないように注意しましょう。

お問合せ

格安動画制作 / 編集代行

格安ロゴ作成代行

格安ロゴアニメーション作成代行

BGM、SE(効果音)の音量

基本的にはBGMは「少し小さめだな…」と感じる程度がちょうど良いです。

音量が大きくなりすぎて内容が聴き取れないということは絶対にNG。

動画を見ている人が『BGM』『SE(効果音)』『話している内容』何を聞きたがっているのかを意識して調整してあげましょう。

音声が入っていないOP(オープニング)は本編の声と同じくらいの大きさにしたり、盛り上げたい部分は少し大きめにしたり、音を切る直前に大きくしたり、フェードアウトさせたりなど、バツッ!と音を突然切ったり、音量を調整するだけでも様々な演出を入れることができます。

素材ごとに音量を整え、動画ができたら、一旦『音』に集中して全体を聴いてみてほしいです。
オススメの方法は『目を閉じて音に集中して聴く』です!

お問合せ

格安オープニング動画制作代行

格安エンディング動画制作代行

調整のタイミング

これは断然『動画編集の最後』です!

たまに素材ごとに挿入したタイミングで整える方もお見掛けします。私もそうしていたこともあったのですが、動画編集をする際は全体の流れを見ながら素材を挿入していくかと思います。素材を入れる度に音量を調整していると全体の流れを掴みづらくなってしまいます。

また、動画編集をする際は『編集する順番』を意識するだけで各段に編集スピードが上がりますので、是非一度意識してみてください!

お問合せ

格安サムネイル画像作成代行

格安チラシ・フライヤー作成代行

最後に

近頃はBGMやSE(効果音)が大きすぎる動画を見る機会がとても増えました。

音声はレベルに余裕がある状態で収録されるのに対し、BGMやSE(効果音)はMAXの音量ギリギリに作られることが多いので、デフォルトの音量でそれぞれのデータを使用すると、おのずとこのようなバランスになってしまうんですね。。。

動画編集を外部クリエイターに依頼する場合

外部のクリエイターさんに動画編集を依頼される法人さんや、YouTuber(ユーチューバー)さんも多いですが、担当するクリエイターさんに音量調整の知識がないケースも非常に多く見受けられます。

外部に動画編集や制作を依頼する際は、金額の安さだけで選ばず、この辺りの知識があるクリエイターさんなのかどうかをしっかり見極めてから依頼するようにしましょう!

お問合せ

格安地図作成代行

格安求人用画像作成代行

お問合わせ

メールお電話

    電話番号

    該当サービス

    問い合わせ内容

    03-6774-6876
    【営業日】
    月~金曜日 ※祝日を除く
    【営業時間】
    09:00 – 18:00
    ※こちらの電話番号は問い合わせ担当への直通番号となっております
    ※上記時間外のお問い合わせはメールにて承っております
    Slider