【外注依頼時のポイント】サムネイル作成の<費用相場><メリット>

サムネイル作成を外注依頼するときのポイント

動画再生画面

1. ターゲット層や依頼の目的を明確に伝える

サムネイル作成を外注依頼する際には、ターゲット層や依頼の目的などを、依頼先に明確に伝えることが重要です。
サムネイル作成は、コンテンツ(動画)の趣旨や目的に合わせたものを作成することで、効果の最大化を図ることができます。
ある程度イメージがある場合には、どこにどのテキストを載せるかなどの簡単な手書きの画像をお送りすると、よりイメージに沿ったサムネイル画像を作ってもらうことができます。

スムーズに、尚且つ簡単に依頼するためにも、必要な項目を入力するだけの『フォーム』等が用意されている会社を選ぶこと良いでしょう。

2. 継続依頼が可能な価格設定なのか確認

サムネイルを外注依頼する際は、特別な場合を除いて、複数回依頼することが前提でのご依頼が多いかと思います。そのため、継続依頼が可能な価格設定なのかを確認しておきましょう。

また、動画編集(制作)とサムネイル作成を一緒に依頼できる会社もあり、セットでご依頼の場合は値引き対象としている会社も多いため、サムネイル作成だけではなく、動画編集(制作)の依頼も検討中の場合は、事前に料金設定を確認しておくと良いでしょう。

3. レスポンスのスピード

継続的な依頼をする場合に、上記で説明した『価格設定』同様、重要になるのが依頼先の『レスポンススピード』です。外注する以上、レスポンスのスピードは納品速度に直接関係します。
1日でも早い納品を希望する場合には、依頼先のレスポンススピードにもしっかり意識しておきましょう。

サムネイル作成の外注依頼時の費用相場

様々な紙幣と硬貨

クリエイターの制作レベルに応じて価格は変動する

サムネイル作成を外注する場合の費用は1,500円~5,000円程度となっています。
相場価格には上記のように開きがあります。これは『クオリティ』や『作業日数』などに応じたものの場合がほとんどですが、低価格であってもクオリティが高く、作業日数が短い会社も存在するため、気になった会社の目星が付いたら、過去の制作物をチェックしてみましょう。

ここで注意したいのは、過去の制作物が確認できなかったり、確認ができても数が少ない場合などは、別の会社や個人を探すことをオススメします。

サムネイルの消費税は10%

サムネイル作成の外注依頼時の消費税は10%です。
最近でも税込価格の記載がない企業・個人のクリエイターが多いので、事前に税込価格なのか税別価格なのかを確認するようにしましょう。

サムネイル作成を外注依頼するメリット

デザイン中の女性

1. 高品質のサムネイル画像が使える

プロのクリエイターに外注依頼することで、ノウハウを活かし、視聴者の目に付きやすい目立つデザインの高品質なサムネイル画像を作成してもらえます。

実は動画編集以上に「クオリティの高さが必要」と言われているサムネイル画像。
このサムネイル画像1つでクリック数、クリック率は如何ようにも変化させることができます。

2. 時間や人員を節約できる

サムネイル作成を依頼する方のほとんどがこのメリットのために依頼をするのではないでしょうか。

サムネイル作成を内部でやろうとした場合、当然、『時間』や『人員(人件費)』がかかりますが、外注の場合にはこれら全てが削減できます。

削減できた時間は、コンテンツ内容を考えるために費やせます。
浮いた人員(人件費)は、その他の予算に回すことができます。

外注依頼することで手間と人件費が削減でき、効率の良いコンテンツ運営を可能にします。

サムネイル作成を外注依頼するデメリット

デメリットの渦

外注依頼する分のコストがかかる

これはサムネイル作成に限ったことではありませんが、外注依頼するとなると、当然コストがかかってしまいます。

低価格で依頼を引き受けてくれる企業もたくさんありますが、特に個人のクリエイターに依頼する場合には、依頼回数を重ねることでいつの間にか高コストになっているケースも多々ありますので、外注先を決める際は『追加料金の発生』についても事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

スケジュールにムラがある(個人の場合)

これは個人やフリーランスのクリエイターに外注依頼する場合の話しですが、クリエイター個人の事情にスケジュールが左右されるということが多々あります。
個人やフリーランスの場合、制作会社に比べると比較的安価で頼める場合もありますが、諸事情などにより納期が遅れたり、継続依頼を断られてしまうリスクが非常に高いので、個人やフリーランスのクリエイターに依頼する場合は注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回サムネイル作成を外注依頼する場合のポイントや費用相場、メリット・デメリットについて説明してきました。

サムネイル作成を外注依頼する場合、自分で作る場合。
制作会社に依頼する場合、個人のクリエイターに依頼する場合。
どちらも同様にメリット・デメリットがあります。

状況や、目指すべき形を考慮した上で、ご自身に合った方法・外注先を選択するようにしましょう。

※本メディアは「株式会社ベルウェザー」が運営しています

お問合せ

【注意点】
送信完了後すぐに自動返信メールが届きます
※届かない場合、送信完了できていないことが考えられます
②自動返信メール・担当者からのメールが迷惑メールに割り振られることがございます
スパムメール対策としてひらがなの入力が無い場合は送信することができません
メール

    お名前 必須

    電話番号 必須

    該当サービス 必須

    問い合わせ内容 必須

    動きのある円形デザイン
    大人気のロゴアニメーションとは!?<動くロゴマークのデザイン制作>
    動画を映し出すパソコンのディスプレイ
    <必須>採用動画活用のメリット・デメリット
    様々な人を背景にしたパソコンの画像
    【注意】動画マーケティングのメリット・デメリット
    フィルムを眺めるベンチの男性
    <いまさら聞けない!!>今流行りのVlogのメリットとは
    ユーチューブのロゴ画像
    <YouTubeサムネイル画像>デザイン時のCheck Point!!
    ユーチューブのトップ画面を映すパソコン
    YouTuberとして成功するための4つのポイント
    時間を計る手
    動画編集の<手順>と<注意ポイント>
    笑顔で音を聴く女性
    動画編集 / 制作には『音量調整』は必須!!
    チラシを持つ女性
    チラシ・フライヤー集客の効果は?<メリット><デメリット>
    疑問を持つ女性
    YouTube動画編集依頼の料金相場
    ロゴを指さす手
    『ロゴタイプとロゴマークの違い』と『デザインのコツ』を徹底解説
    『チェック』と書かれたノートとボールペン
    【実際どうなの?】YouTube動画広告のメリット・デメリット
    はじめての方へ
    【基本】動画編集初心者が知っておくべき最低限の基礎知識
    悩む3人の男女
    【動画制作会社の選び方】<比較ポイント>と<決めておくべき内容>
    分析するイラスト
    【最適バナー広告サイズ】デバイス別早見表<GDN/YDN>
    動画再生画面
    【外注依頼時のポイント】サムネイル作成の<費用相場><メリット>
    自動文字起こし機能_アイキャッチ
    【簡単説明】Premiere Pro自動文字起こし機能の使い方!