チラシ・フライヤー集客の効果は?<メリット><デメリット>

チラシ・フライヤー集客の効果は?<メリット><デメリット>

チラシ・フライヤーでの集客は特定のエリア内での集客に効果的な手段で、一般的な集客率は0.01〜0.3%が基本です。
10,000枚配布した場合、1~30人程度から反応がとれれば
合格点と言えるでしょう。

これは全く関係性ができていない人に配った場合の反応率で、
見込み客に配布した場合にはもう少し高い集客率となります。

本記事では、チラシ・フライヤー集客のメリットとデメリットをご説明した上で、
チラシ・フライヤーの弱点をカバーするためにどのような広告媒体を選べば良いかを解説します。

お問合せ

格安動画制作 / 編集代行

格安チラシ・フライヤー作成代行

格安サムネイル画像作成代行

チラシ・フライヤー集客のメリット

インターネット広告が増えているとはいえ、チラシ・フライヤーには他の媒体にはないメリットがあります。

1.広告認知率の高さ

Web広告の場合、無料ブログやSNS等に表示される広告は
1ページ3広告~4広告以上となることもあります。
現在の日本人のネット閲覧平均時間が77.9分であり、
3分に一度程度ページ更新を行っているとした場合、
1日で100以上もの広告に触れている計算です。
そのため広告には滅多に目が行かず、
ページ内の広告情報をそもそも認識していない人が増えています。

その反面、Web広告に比べチラシ・フライヤーの広告数は少なめであり、
また「重要な配布物等が無いか」という確認を行う人が多いため、
チラシ・フライヤーを手に取り目にする確率は飛躍的に高まります。
1回の広告での広告認知率が高いと言えます。

2.タイミングを狙った情報提供が可能

チラシ・フライヤーは上記の通り広告認知率が高い分、
その効果に即効性があります。
例えば「週末の催事」を広告する場合、
週半ば~金曜日頃の折り込みチラシ・フライヤーによって、
その週末へのピンポイントの販促を行うことができるのです。
特別フェア、売り出し、新サービスの開始等で即時性が欲しい場合、
タイミングを狙った宣伝は大きな効果に繋がりやすいと言えます。

3.地域密着度の高さ

Web広告ではある程度の地域特定表示(市の特定等)は行えるものの、
ピンポイントでの的を絞った特定表示は行えないのが現状です。

その点、チラシ・フライヤーでは広告を行う地域を
完全に把握したマーケティングを行うことができます。

特に飲食店、塾やカルチャースクール、美容院・エステサロンといった
顧客が店舗に向かうサービスの場合、
「店舗が近い」という情報は顧客側にとって大きな魅力となります。

4.反復性・伝播性がある

一見で「興味あり」と認識されたチラシ・フライヤーは家庭内に置かれ、数日間は形として残ります。
反復して目に入ることから興味度・好意度が高まり、
また他の家族が目にする確率(家庭内シェア率)も高い傾向を持っています。

お問合せ

格安ロゴ作成代行

格安ロゴアニメーション作成代行

格安地図作成代行

チラシ・フライヤー集客のデメリット

一方、チラシ・フライヤー集客だけではカバーしきれないこともあります。

1.ターゲットの年齢層を絞ることができない

地域やある程度の購読層(主婦・高齢層)といった絞込みを行うことは可能ですが、
購読年齢層・購読性別といったターゲティングを行うことはできません。

2.情報量に限界がある

チラシ・フライヤーは紙ベース媒体であることから、
載せられる内容量には物理的限界があります。
もちろん字数を増やせば、情報量をある程度上げることは可能です。
しかし折り込みチラシ・フライヤーではひと目見た時の
訴求度・インパクトの方が重視されるため、
アレもコレもと盛り込めばそれだけ訴求度は下がります。
情報をブラッシュアップし、感覚的に読める情報量に抑える必要性があります。

3.多くの世帯に配布しようと思うとその分費用もかかる

より多くの世帯にチラシ・フライヤーを配布しようと思うと、用紙代や印刷代が高くなります。

4.そもそも見られる前に捨てられてしまうことも

ポストにチラシ・フライヤーが投函されていても、内容を見ないでそのまま捨てる方もいらっしゃいます。
せっかくお金をかけてチラシ・フライヤーを作成・配布しても来て欲しいお客さんに情報が届かないことがあるのです。

お問合せ

格安オープニング動画制作代行

格安エンディング動画制作代行

格安求人用画像作成代行

まとめ

これだけ時代がWeb化してきていても
チラシ・フライヤーによる集客方法が残っているのには理由があります。

もちろん一番オススメな集客方法は
『Web広告』か『チラシ・フライヤー』を選ぶのではなく、
この両方を同時に行うことですが、
予算に限りがありどちらかを選ばなければならない場合には、
『Web広告』と『チラシ・フライヤー』それぞれのメリット、デメリットを比較して、一番適した集客方法を選択しましょう。

お問合わせ

メールお電話

    電話番号

    該当サービス

    問い合わせ内容

    03-6774-6876
    【営業日】
    月~金曜日 ※祝日を除く
    【営業時間】
    09:00 – 18:00
    ※こちらの電話番号は問い合わせ担当への直通番号となっております
    ※上記時間外のお問い合わせはメールにて承っております
    Slider